誰がお墓の管理をするのか

お墓はご先祖様が祀らているとても大事なものです。
それが今では、少しめんどうなもののひとつとしてあげられてしまっています。
その理由には、昔のように長男や長女が家を継ぐといった考え方がなくなってきているということです。
家を引き継ぐということに対して、とても意識が低くなってしまっているといえます。

田舎などでは、今でも長男が家を継ぐという家庭も多いです。
その理由として、田舎の場合は兼業農家であったり、土地や山を多く所有している場合が多いです。
なので財産として引き継ぐものが多いため、誰かしらが家を継がなければいけない状況になっているといえます。
この財産の一つの中には、お墓も含まれています。

なので家を継いだ人が、そのままお墓の面倒をするのが普通の流れになっています。
ところが今は結婚と同時に同居する家庭が少ないため、家を継ぐという意識が低かったり、遠方でも平気で家を建ててしまう人もいます。
そうなるとだれが、どのようにしてお墓の面倒をみるのかということで親族同士がもめてしまうケースがとても多くなっています。
やはりご先祖様はそういったことで親族がいがみ合うことは、なので望んでないでしょう。
そういった場合は、まず親族同士で、誰がどのような形でお墓の管理をするのか決めましょう。

特に管理費などお墓の面倒には金銭的な負担や精神的負担もかかります。
なのでしっかり話し合って決めておきましょう。
まだ話し合って決めれる場合は、一番いい方法をみんなで決めればいいわけです。
しか困ったことは、子供が一人っこで女の子だったり、子供が授からなかった夫婦などもいます。
その場合、娘は嫁いでしまったら、お墓はだれも引き継げれなくなってしまいます。

そしてこれから先、お墓が放置になってしまっては、ご先祖様にも申し訳がありません。
なのでそんな場合に備えて、お墓の面倒を見てもらうことができる寺院もあります。
例えば、永代使用料や管理費を生前中にすべて支払っておくことで、死後のお墓の管理を寺院で行ってもらうということです。
今では遺族にいらない心配や費用をかけさせたくないと考える高齢者が増えています。
新たなお墓の管理の仕方として注目されています。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.