お墓参りの時期

お墓参りといえば、昔は先祖の供養のために毎日行っていました。
しかし今では、何カ月に一度程度しかお墓参りに行かない場合が多いです。
その理由として、お墓が遠いところにあるため、気軽にいくことができないという理湯が多いです。
また毎日忙しい日々の中でお墓参りの時間がなかなかとることができないという人も多いです。
そんな人にとって、年に数かい、この日はお墓参りに言っておこうと思う時期があります。

例えば、お彼岸や結婚出産などの人生の節目でのご報告など兼ねてお墓参りに行く人もいます。
お墓参りに行くとしたらいつ?という質問に対してほとんどの人がお盆と答える場合が多いです。
お盆はご先祖様の魂がおうちに帰ってくるといわれています。
なので仏教のお家では、13日の夕方に迎え火をともして、お供え物をたくさん用意してご先祖様を迎え入れます。
そして15日または16日に送り火をしてご先祖様を送り出すという風習です。

地域によってはお盆が7月の中旬のところもあります。
しかし一般的には8月の11日ごろから16にちまでがお盆休みといわれています。
この時期に実家に帰省し、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて、お墓参りをする人が多いです。
中にはお盆の間には、ご先祖様はうちにいるため、お墓参りに行っても無意味なのではと思う人もいます。
だから地域によっては13日の迎え火のときに直接お墓でお参りにいくと決まっているところもあります。
中には、それ以前の11日ごろにお墓参りに先に行く人もいます。

しかし、平日の場合やお盆休みに入ってない可能性もあり。
予定が合わせるのが難しい世代になっています。
なので今ではこの日に行かなければいけないという決まりは、特にありません。
本来ならお墓参りは自分が行きたい時に、いつ行ってもかまわないものです。
なのであまり日にちを気にすることなく、ご先祖様に対する感謝の気持ちの方が大事です。

その気持ちをお墓参りという形であらわします。
いつなどと気にすることなく自分の気持ちを大事にして、お墓参りをすることを優先させましょう。
中には、地域によっては、この日に行うと決められている場合もあります。
そのような場合はなるべくその日に合わせられるようにする方がいいでしょう。
また、こちらのお墓の総合ナビも参考にご覧ください。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.