墓石選びのポイント

墓石は、これから先の世代のことを考えて、何世代も使用していくものです。
だからこそ石材にはちゃんとだわって選びたいと思う人が多いです。

墓石の場合、年中屋外に野ざらしの状態になっています。
なので大雨や大雪や真夏日でもそのままの状態になっています。
どうして老朽化してしまうのは仕方ないことですが、選ぶ墓石によっても老朽化の違いやと石の特徴などが違ってきます。
なのでまず何を基準で選ばなければいけないのか、知識として知っておく必要があります。

まず一番大事なのは、意志の耐久性です。
そんな天候に対しても耐え抜いていかなければいけませんので、丈夫な石を選ばなければいけません。
日本の墓石で一番多く使用されているのが、花崗石という種類になります。
そのほかにも斑レイ岩、閃緑岩などが用意されています。
昔から墓石といえばグレーをイメージする人が多いでしょう。
しかし今では赤い色、黒い色、ピンク色の墓石もあります。
中には欧米のお墓などで芝生の中で白くきれいな墓石なども人気がある墓石です。

今では墓石の生前のうちから、自分の好きなものを選べるようになっています。
そのため、代々受け継ぐものから個人のお墓という意識も強くなっています。
代々受け継がれるものだからこそ大事にしたいですし、個人お墓でもずっときれいな状態で供養されたいと誰しもが思います。
そんなお墓石を選ぶポイントを押さえておきましょう。
まず石の硬度が高いものを選びましょう。

かたい石ほど、耐久性に優れているため老朽化を防ぐことができます。
また最近では耐震性に優れた墓石の組み立て方をしている墓石の需要も増えています。
二つ目は水の吸収率が低いものを選ぶことです。
水を含みやすい石は、コケやカビが生えやすくなってしまいます。
またヒビがはいりやすく、そこからサビなどが発生する可能性があります。
最後に石の模様を確認することです。

細かい粒がたくさんあるものほど、石の粒子が細かいものが集まってできている墓石になります。
細かい粒子ほど隙間が少ないため水分がなどを含みにくくなります。
国産のもののほうがいいと思う人が多いですが、墓石の8割近くが輸入に頼っています。
特に中国産が多いですが、色合いなどでは、海外の高級墓石などのほうが価値がある場合もあります。
なので海外製だからといって一概にダメと決めつけないようにしましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.