遠隔地にあるお墓の管理

最近では核家族化がすすみ、各世代で住まいを構えて別々に生活する家庭が増えました。
昔のように長男が家を継ぐといった、はっきりした決まりは少なくなっています。
守られているのは、田舎の地域で土地や建物などの財産を多く抱えていたり、農業などを継がなければいけない場合が多いです。
そういった田舎では、誰かしらが家を継ぐことで、土地や農業などを受け継ぎ同時にお墓なども引き継ぐことになります。
田舎ほど自宅とお墓の距離も近いため、お手入れは気なったらすぐに行うことができます。

しかし同じ田舎でも、生活の不便や過疎化が進んでいき、生まれ故郷から離れた地域に住まいを設ける人もいます。
田舎の人ほど若いうちに田舎から出たいと思い、生活が便利な都市部へと移住してしまうケースが多いです。
そして都市部に住んでいる場合は、土地の値段が高すぎるなどの理由から郊外にお墓を立てる人が多いです。
そうなってくると心配なのが、お墓のメンテナンスです。

遠ければ遠いほど、誰もがお墓参りの回数が減ってしまいます。
できれば命日や月命日にお参りに行くと、毎月決まった時期にお墓を訪れることになり、メンテナンスも行うことができます。
しかし遠方でそこまでのお墓参りにいける人は限られています。
なのでほとんどの人が、年に2回のお彼岸とお盆と命日ぐらいがお墓参りできれば多い方だといえます。
遠方で忙しい人の中には、1年以上お墓参りができていないという人もいます。

そんな人の多くは、お墓参りができていないことに対して、とても後ろめたさや気がかりだと思っている人が多いです。
行きたいけれども行くためには、時間も労力もかかります。
中には何年も放置してしまっていて、お墓の周りに雑草がたくさん生えすぎてしまっているお墓もあります。
そんな状態では、どんな人が見てもこのうちはお墓参りに来ていないんだなということが分かります。
また他の人と比べても、自分のお墓だけがメンテナンスがてきていないと恥ずかしい気持にもなります。

それだけではなく、隣の区画の人に雑草が生えやすくなってしまいます。
迷惑をかけてしまいますし、トラブルの原因にもなってしまいます。
そんな人にとって、お墓のメンテナンスを代わりに行ってくれる会社があります。
お墓な掃除は徹底的に行ってくれて、石材もぴかぴかに磨き上げてくれます。
そして、依頼主に代わってお墓参りまでも代行してくれます。

本来なら依頼主が行くのがいいのはだれもが分かっています。
しかしどうしても頻繁にメンテナンスも行うことができず、そのままにしておくのは心苦しいと思う人がほとんどです。
専門業者によって、シッカリとお手入れしてもらうだけで、トラブルも避けられ、気持ちが楽になる人が多いです。
しっかりメンテナンスされているかわかるように、お墓掃除まえ前とお墓掃除後の写真をとって依頼者にみせてます。
なのでメンテナンスが終わってから自分の時間でゆとりがあるときに、ゆったりとし気持ちでお墓参りに行くことができます。
お墓がきれいな状態になると、自然と心も朗らかな気分になります。
そしてこれからはしっかり管理しようと思うようになります。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.