墓地を探すために

お墓はどのかていでも先祖代々受け継がれているものがあります。
そのお墓が出来上がるまでにはいくつかの決まりごとがあります。
そんなお墓すが論なところで見かけるために、どこでも好きなところにお墓を作れるのでは?ともう人もいます。
自分の思い出の場所にお墓を建てたいとい人もいるでしょう。
しかし、日本では、お墓は立ていい場所があらかじめ決められています。
なのでほとんどの場合、寺院か霊園、公営のどれかを選ぶことが多いです。
これらの土地のそれぞれによって特徴なども大きく異なります。

なので詳しく知った上で、それからまず土地から選ぶようにしましょう。
一番価格的に抑えられるのもが、公営の墓地です。
各都道府県で必ず公営の墓地があります。
各地域によって、土地の価格が違うため差が出てしまいます。
また管理料金もお安くなっているため、募集数も少なく人気の土地ではすぐに埋まってしまいます。
ただし誰もが公営の墓地に応募できるとは限りません。

一番厳しい応募条件となっています。
それは、すでに手元に遺骨があるという条件をクリアしている人が優先的に採用されます。
なので、最近よく多い生前にお墓を用意したいという人は、公営の墓地を選ぶことができません。
しかし値段的にはお安く購入することができるので、募集があってもすぐに埋まってしまうことが多いです。
次に寺院での墓地探しです。
寺院ではいろんな宗派があります。
日頃の自分の家の宗派が何だったのかということをしっかり知っておきましょう。
宗派によって寺院も異なってきますので、注意して選ぶようにしましょう。
寺院の場合は、必ず檀家になることが絶対条件になります。
日常的に寺院との付き合いがあり、寄付金やお寺で行う行事に参加する必要性があります。
お墓が寺院の中にあり、常に僧侶に見守られているため安心感があります。

もし子供がお墓の面倒が見れない状態は、代々続いたお墓を私たちのかわりに和尚さんが見てくれるといった寺院もあります。
宗派が固定されるため、今までの信仰と合えば、寺院も一つの候補としていいでしょう。
最後に、今お墓の市場で一番人気なのが、霊園です。
霊園はまず信仰が特に決められているわけでは合いません。
なのでどなたにとっても選びやすいもが霊園です。
霊園も土地柄によって価格も異なります。

とくに地方では手軽に購入することができますが、都市部では、土地の代金が高くなってしま為、金額が三倍以上の場合もあります。
ただし宗教や宗派のきまりがなく、墓石も自由に選ぶことができます。
今では芝生な度に囲まれた洋風な故人の墓地なども人気です。
その他には霊園の施設が広く取ってあり、休憩できたり広い公園のような広場も用意しているところがあります。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.