大好きなペットと同じお墓に入る

今ペットを飼っている家庭もとても増えています。
ペットは、家族の一員としてとても大事にされています。
そのためペットがなくなったときの飼い主やその家族のショックはとても強くなってきています。
ペットロス症候群といった病名があるほど、ペットの死は残された家族にとってとても大きなものになります。

ペットロス症候群は、ペットをなくしてしまったことによって、精神的にも身体的にも大きなダメージを受けることです。
例えば、食欲不振、府民、疲労感、などからうつ病のような症状が続いてしまい、日常生活が困難になってしまうケースもおいです。
特に精神的な部分に大きなダメージがあるために、心の切り替えが大事になります。
そんな病気にならないためにも今、ペットのお葬式をする人が増えてきています。
ちゃんとペットの供養をしてあげることで、飼い主も感謝の気持ちで最後のお別れができます。

ペットのお葬式は、人間のお葬式とまるで変わりません。
最後には、火葬してお骨をもらうことになります。
そんな大事にしてきたペットと自分がなくなるときには一緒のお墓に入りたいという人もとても多くなってきています。
しかし昔から人間と動物が一緒のお墓に入ることは、縁起が良くないといわれています。
なので、家族がみんな賛成したとしても、ペットと一緒に暮らしていない親族から反感を得てしまうことが多いです。
先祖代々守られているお墓であればある程、昔からのご先祖様がお墓にはたくさん眠っています。

なのでそういった家庭ほど、親族の批判は強いです。
今では、ペットと一緒に入ることができるお墓も増えてきています。
民営の霊園ではそういった墓地も受け入れてもらうことができます。
ペットのほうがどうしても人間よりも寿命が短いことが多いため、先に飼い主が葬儀を行っている場合が多いです。
なので飼い主がなくなったときに、自分の遺骨と一緒にペットも納骨してもらうという形が多いです。

もともと動物と人間が同じお墓に入ることが、あまり好ましく思われていないため、まだペットと一緒に入れるお墓は限られています。
全国で数十箇所にしかなく、需要は高いため、募集があっても立地や環境がいいところはすぐに募集が締め切られてしまいます。
まずは身内や親族に相談をしたうえで、一緒にお墓に入れてもかまわないと許可を得てからお墓探しをするようにしましょう。
のちにトラブルになったり、近くにないため飼い主だけは遠方のお墓にしてしまうと、のちの管理が身内の負担になってしまいます。
ペットにとっても飼い主にとっても、一番いい方法で納得できるお墓選びをしましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.