お墓と墓地の相場

お墓の老朽化していると感じた場合や、改葬する場合には、新たに墓石を選ばなければいけません。
お墓を購入するということは、おそらく人生において一度あるかないかの買い物だといえます。
先祖代々伝わっているお墓がある家庭では、お墓を購入する可能性はとても低いです。
なのでどのような石が墓石に適しているのかなどといった、専門的な知識をしている人は少ないです。

また現在では、お墓の形によっても墓地の相場に大きな違いがあります。
特に都心の場合は、土地の値段が高いため、地方に比べて墓地の価格が三倍以上かかります。
墓石に関しても寺院や霊園などで決められた石材店を使用することが多いため、かなり価格にも大きさが出ます。
国産では主に花崗石が使用されることが多いです。
花崗石の中でも、本御影石は最も高級の石材として有名です。

国産のものであれば、香川県の庵治石は墓石の中でも最高級のブランド石として有名です。
また神奈川県の小松石も採石量が少ないので、高級石材の一つとされています。
そのほかにも海外の石材も増えてきています。
墓石の半数以上が輸入に頼っているのが現状です。
輸入先には中国が多いですが、海外製でも高級なものが増えてきています。

例えば、ファイングレイン・スウェーデンは黒い石材として世界中で高級品として認められています。
またベルファースト・南アフリカも高級墓石でとても固く急性が低いため墓石に向いています。
このようにい墓石一つとっても選ぶもので雰囲気も大きく変わります。
中には女性に人気なお墓として、ピンク色の墓石選ぶ人も増えてきています。

またお墓の形も和式だけでなく、洋式のものや個人の希望に沿ってデザインされた墓石も増えてきています。
墓石の色目やデザインまで自分らしさや、家族らしいお墓を作りたいという人も増えています。
伝統的な和風のものを選ぶ人もいれば、洋風なもの、フラワーガーデンのお墓、納骨堂を選ぶ人もいます。
お墓は家族や個人の生活スタイルや家族構成などによって、一番いい方法を選ばれています。
オーダーメイドや石材の種類、墓地の場所によっても相場が大きく異なってきます。
こちらのお墓を受け継ぐ人についての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.