大事なペットにお墓を

今ペットを飼っている家庭が増えてきました。
そしてペットを家族の一員としてとても大事に育てている人が多いです。
基本的には、人間とペットでは、人間のほうが寿命が長いです。
昔に比べてペットの寿命もとても伸びてきています。
年配になってからペットを購入しない限り、人間がペットの最後をみとる可能性が高くなります。

そのため今ではペット専門の葬儀会社や霊園なども増えてきています。
ペットをとても大事にしている人ほど、亡くなったら一緒のお墓に入りたいと願う人が多いです。
しかし日本では昔から人間のお墓にペットの遺骨も入れると家が滅びるなどといった迷信もあります。
なので家族は理解されても、親族では反対する人もいます。
寺院などでは、ほとんどの場合ペットを人間のお墓と一緒にすることを許可してもらえないことが多いです。

なので動物がなくなった際には、動物霊園を使用する人が多いです。
動物霊園は動物専用の霊園ですので、大事なペットをちゃんとしたかたちで供養してあげられます。
管理などもしっかり行われているため安心しできます。
ただしこの方法では、自分がかわいがっていたペットと途は一緒のお墓に入るわけではありません。
自分が死んだときにペットも一緒のお墓に入りたいという人もいるでしょう。
そんな人にとっては、ペットも一緒のお墓に入ることができるお墓を管理する霊園も増えてきています。

そういったお墓を購入することで、周りの人にも気を使うことがありません。
生前ずっと一緒だったペットと、死後も一緒のお墓に入ることができます。
人間ととうぶつとが一緒のお墓にはることに関しては、今でも賛否両論が続いています。
動物にとっては、飼い主以外の代々の先祖と一緒では安らかに供養できないのではという意見もあります。
またペットを飼っていない家庭では、ペットに対する思い入れはなかなか理解されません。

なので、先祖代々のおはかに一緒に入れるのには、反対されると思う人が多いです。
そんな人にとっては、動物たちだけが集まる動物霊園であれば、ペットの葬儀から納骨まで一緒に行うことができます。
飼い主としても、ペットをしっかり供養してあげることで、ペットロス症候群にならないように気持ちの切り替えができます。
動物のお墓と人間のお墓に関しては考え方が、色々あり法律で定められているわけでもありません。
なので親せきや家族と話し合い、一番いい方法を決めることがトラブルなく供養できる方法になります。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.