新しくお墓を作るためには

先祖代々引き継がれているお墓を、最近では新しくする人も増えてきています。
その理由に、核家族が増えたことで、家を継ぐということが減ってしまいました。
そのためお墓が遠くなって管理が難しいからという理由がとても多いです。
そのほかにも核家族化によって、お墓の数が増えてきたこともあげられます。
個人個人でお墓を作る場合もあれば、ご夫婦で新たにお墓を作る人もいます。
このようにお墓の需要が増えてきたことで、新しいお墓を作るためにはどのようなことが必要なのか度いうことが注目されるようになりました。
ただ石材を購入して、墓石を作ればいいという問題ではありません。
お墓をつくるためには、いろんな手続きが必要になります。
新しいお墓を造る場合、まず今までお墓を持っていた人の場合と、新たにお墓を作る人とで手続きが違います。

まず今あるお墓から違う場所へお引っ越しして新しくする場合、改葬の手続きをします。
まず今ある墓地の管理者に、埋葬証明証を準備してもらいます。
そして新しい墓地の管理者に、受け入れ証明書をもらいます。
この二つの書類を持って、今ある墓地の役所に行き改葬の手続きをします。
その手続きが完了すると、役所で改葬許可証がもらえます。
それを持って今ある墓地に行き、遺骨を取り出します。
その際に閉眼供養をしてもらうようにしましょう。

とりだした遺骨は、新たな墓地へ行き開眼供養してもらったら、納骨しましょう。
最後に古い墓地を更地にして、管理者にかえさなくてはいけません。
改葬ではなく新たにお墓を作る場合は、まず土地から選びます。
公営・民間・寺院の中から選ぶことにあります。
公民は、各都道府県の自治体で管理され、永代使用料、管理費が一番安い代わりに遺骨が手元にあるといった条件を満たさなくてはいけません。
民間は霊園などが多く今一番多くの人が選択している場所の一つです。
郊外などに多く、大きな霊園では乞い通の便などもしっかり確保されています。

いろんなニーズに対応している霊園が多いのが特徴です。
最後に寺院は、身近なお寺などに問い合わせてみると近くでお墓を立てることが可能です。
しかし檀家になることが絶対条件になります。
土地が決まったら次に、石材を選びます。
いろんな石材店がありますが、多くは霊園や寺院などで提携している石材店がありそこで選んでくださいといわれることが多いです。

なにか希望の製剤がある人は、先に確認しておきましょう。
石材も決まったら、すぐに墓石を立ててもかまいませんし、もう少し時間をおいてみてもかまいません。
およそ3年以内には立ててくださいという場所が多いです。
いつ不幸が来るのか来ないのかは分かりません。
なので余裕があるときに早めに墓石を立てることがおすすめです。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.