縁起の良い生前戒名

今家を代々受け継いでいく家庭が少なくなりました。
核家族化が進み、何世代もが一緒に暮らすことが少なくなりました。
そこで問題になってきているのが、お墓の問題です。
代々家を受け継いでいれば、自然とお墓も引き継ぐことになります。
なので自分が死んだあとに、先祖代々のお墓に入れば問題ありません。
しかし、核家族が増えてくると、お墓もそれぞれが用意しなくてはいけなくなります。

そのため 今墓地不足が深刻な問題になっています。
思った場所に墓地を購入することができなかったり、墓地の売り出しがあってもすぐに売約済みになるケースが増えています。
なかには希望者の中から抽選で、購入権を得られる場合もあります。
特に墓地の中でも永代使用料と管理費が安く抑えられている公営の墓地の募集はすぐにうまりなかなか再度募集がないのが現状です。
高齢者の多くの人は、死後遺族たちに迷惑をかけたくないと思う人がほとんどです。
そのため、生前のうちにお葬式の準備などを行う人が増えています。

もちろん理想のお葬式もあるかと思いますが、金銭的な負担をかけさせたくないと思う人も多いようです。
特に墓地に関しては、需要に対して供給が少ないため、もし自分が亡くなったときにお墓をすぐに用意できない場合も考えられます。
なので生前から墓地を購入する人もいます。
生前のうちに墓地を購入するということは、とても縁起がいいこととされています。
逆に寿命が延びるともいわれています。

そして必ず亡くなった人は、戒名をもらいます。
仏教の場合は、戒名をもらう際に戒名料を支払います。
この戒名も選ぶくらいによって金額も大きく異なります。
寺院によっても異なりますが、文字すが長いほど戒名は高くなるといわれています。
10万円ぐらいから100万近くするものまで、様々なのでどのようなものを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。
戒名がはっきり決まっているところもあれば、お気持ちでといわれる場合もあります。
どちらにしても戒名をつける際に、どうしたらいいのか迷ってしまいます。

そんな遺族の負担の軽減のためにも、生前に戒名をもらう人が増えています。
生前もらっていることで、本人の戒名の位も選んでいるため、周りの人に気を使う必要もありません。
しかも戒名料もその時に払っているため、金銭的な負担が少なくてすみます。
生前にお墓を購入している人は、お墓に戒名を朱色で書いてもらうことができます。
朱色はお祝いの色として使用する色なので、生前戒名の際にはとても縁起がいいといわれています。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.