知っておきたい、お墓参りの作法

私たちがこの世に生を受けて、先祖代々家を継ぐという風習がだんだん薄れていってしまってきています。
田舎などでは地域や土地柄のお付き合いも多いため、今でも長男が家を継ぐという家庭も多いです。
また誰かしら家を継ぐような形をとっています。

特に家を継ぐと同時に、代々継いでいくものとしてお墓があります。
家は継がないにしてもお墓だけは、管理してほしいという人が多いです。
本来お墓参りは、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて、毎日お参りしてあげることが理想です。
しかし毎日が忙しい現代人にとって、毎日お墓参りをする余裕がないのが現状です。
なので、お彼岸、お盆などのご先祖様に供養の時期だけでもしっかりとお墓参りをしようと心がけている人が多いです。
年に限られた時期しかできていないお墓参りだからこそ、行う時にはだたしい作法でお参りをしたいものです。

お墓参りの作法は、宗教や地域によっても差があります。
しかし、できて当たり前と思われることから、なかなか人に作法について聞くことができません。
何がのときにa間違ってたら恥ずかしい思いをしたり、失礼なことをしてしまってはいけません。
これを機に正しいお墓参りの仕方を覚えておくと、ご先祖様に対して失礼なく供養することができます。

お墓参りでは、まずお最初にお墓の掃除から始めましょう。
ほうきなどでお墓の周りのごみなどをきれいに掃除しましょう。
長年代々続いているお墓ほど、どうしてもコケなどがはえてしまう場合があります。
そういった場合は、ひしゃくで水をかけながら、たわしなどで洗ってきれいにしましょう。
掃除が終わったらつぎに、おそなえするお菓子やお花の準備します。

昔はお菓子などは袋に出して食べれる状態でお供えをしていました。
しかし今では、お参りした後持ち帰ることが多いため、袋のままお供えすることが多いです。
霊園などで管理されているお墓では、お供え物にかんして決まりごとがあることが多いです。
確認してから、規則に従ってお供えするようにしましょう。
お供えしたお花を飾ったら水鉢にお水を注ぎます。

ろうそくと線香を用意して火をつけましょう。
すべての準備が終わったたら、ひしゃくで墓石に水をかけます。
そのあとはお墓に向かって数珠を手にして合掌しましょう。
その際普段の感謝の気持ちや、ご先祖様にご報告などをしながらお参りするようにしましょう。
お参りの後は、お供え物を持ち帰る場合が増えてきています。

からすなどに食べられたり、衛生上あまり良くないなどの理由があげられます。
ろうそくの火は必ず消すようにして、線香が燃えきるまで待つようにしましょう。
今では霊園などで、お参りの道具を貸し出しているところが多いです。
借りたものはみんなで使用する大事なものなので、丁寧に使用して返すようにしましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.