最近増加する、永代供養墓

お墓といえば代々引き継がれていくものと考えられている人が多いのではないでしょうか。
しかし現状は、お墓の管理が難しいと感じる人が増えてきているのが現状です。
それではなぜそのような状態が生まれてしまったのでしょうか。
一番大きな理由は、家を継ぐ人がいなくなり核家族が増えたことです。

今でも田舎では家を継ぐ人が多く、その際に家や土地やお墓の管理も一緒に託されます。
しかし家を継がない状態になると、家や土地は処分したとしても、お墓だけは簡単に処分することができません。
なので生活圏とは異なる場所にお墓だけおいて管理する人が増えてきています。
実際そのような生活をしていると、どうしてもお墓参りの回数が減ってしまい、管理が行き届かなくなってしまいます。
するとご先祖様に申し訳ないと感じる人が多くなっています。

それは自分がなくなったときは、どうしようと考える人が増えています。
また家を継ぐ人がいないという理由以外にも、子供がいない夫婦、娘しかいなくて嫁いでしまった場合なども実質的な問題もあります。
このような状態は、自分のお墓を作っても管理してもらう人がいないので 、どのようにしたらいいのか迷ってしまう人もいます。
子に様な人たちが増えてきたことで、い案では永代供養墓という形のお墓を選ぶ人が増えてきました。

永代供養墓途は、お墓の管理をしてもらう人がいない場合、身内に代わって墓地の管理者がお墓の管理や供養をしてくれるお墓を指します。
このような形の墓地では三十三回忌をめどに、最終的には共同墓地へと移してくれます。
そのため遺族にとってもずっとお墓の心配をする必要が少ないです。
なので死後だれにも迷惑をかけることなく安心できます。

特にお墓の場合は、永代使用料と管理費がかかります。
そんな費用を生前のうちにすべて支払っておくことで、費用面や管理面も遺族に負担をかけることがなくなります。
なので高齢者の中ではこのような生前墓地を選ぶ人が増えてきています。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.