お墓で行われる法要

その法要についていくつかしておきましょう。
まず一つ目は、開眼法要というものです。
宗派によっていいからが異なりますが、魂入れとも言われます。
石材店で墓石を買って設置したら、お墓の完成だと思っている人も多いでしょう。

しかし出来上がったお墓には、まだ魂が入っておらず白い布で覆われている状態になっています。
これは出来上がったばかりのお墓に邪気が入らなくするためです。
なので開眼法要でお墓に魂が入れられた状態になり始めて、白い布をとることができます。
僧侶によって、お経が読まれ礼拝し、白い布をとりお墓が初めて完成したといえます。

この開眼法要と同じ時期に行うことが多いのは、納骨法要です。
納骨する時期は宗派によって異なりますが、早いところでは、初七日で行われる場合があります。
一般的には仏教であれば四十九日に行われ、神道の場合は五十日祭のときに納骨法要を行いうところが多いです。
一番遅い時期では一周忌となり、それまでにお墓を用意しなくてはいけません。
仏教の納骨法要ではお墓の石ふたを開け、骨壷を納めます、僧侶によって石蓋は閉められます。

卒塔婆をお墓石に立て、線香とお花をおそなえします。
読経のあと順番にお焼香をしていきます。
神道の場合は、お墓に銘記を飾ります。
お供え物と花筒には榊とお花をそなえてます。
神官によって、参列者みんなお払いしています。

その後、祝詞参上をおこない、玉串奉奠をおこないます。
最後に神官の拝礼の後、参列者みんなで柏手を打ち、納骨が官僚となります。
お墓を立てて納骨までするためには、お墓で行う法要がとても重要です。
宗派や地域によってやり方が異なるので、正しい方法で大事なお墓の法要を行うようにしましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.