お墓を存続するのが難しい場合

今核家族の家庭が増えてきたり、転勤族、お墓が遠方すぎて管理ができない人が増えてきています。
またお墓を引き継ぐ人がいない場合や寺院とのトラブルなどからお墓を存続するのが難しい状況になる人もいます。
理由は各家庭の状況や生活習慣によって異なりますが、このような場合にはお墓をお返しすることになります。

お墓をお返しする時は、勝手に遺骨を取り出すことはできません。
お墓をお返しする際には、まず次のお墓の受け入れ先を決めなければいけません。
どうしても決まらない場合は、いったん自宅に遺骨を持ち帰ることになります。
次のお墓が決まった場合、新しい墓地の管理者から受け入れ証明書をもらいます。

そして今あるお墓の管理者から埋葬保証書をもらいます。
この二通の書類を持って、役所で改葬の証明書をもらう必要があります。
この証明書があって初めてお墓の移動ができ、今あるお墓をお返しすることができます。
新しいお墓に今ある墓石を持っていくこともできますが、費用的に購入してもさほど金額的に違いが生じません。

なので、新たな墓地の区画にあった新しい墓石を立て直す人が多いです。
その場合、今使用している墓石を解体してもらわなくてはいけません。
石材店に解体と処分の見積もりをまず出してもらいましょう。
お寺での指定の石材店がある場合が多いので、そちらを利用することになります。
解体する前に閉眼供養をしてもらい、ご先祖様の魂をお墓から抜いてもらいます。

その時に遺骨もとりだします。
いったん自宅に持ち帰るかそのまま、新しい墓地へ納骨するのかどちらかになります。
その後解体工事を始め、更地にします。
最後に墓地の所有者か管理者立会いのもと墓地を返します。
費用に関しては、石材店によって価格の設定も異なります。

それ以外にもお墓の区画の広さ、墓石の大きさや重さなどによっても料金が異なります。
平均的な相場としては、1平方メートルあたり、5万から15万円ぐらいが目安になります。
石材店を選ぶことができるのであれば、参考にしておきましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.