お墓をきれいにお掃除する方法

お参りをする際に最初に行う大事なこととして、お墓の掃除があります。
毎日お墓参りをしているわけではないので、お墓の管理が行き届いていないことがあります。
霊園などでは、管理などを支払っているため、ある程度のお掃除などのお手入れを行ってくれています。
しかし自分たちでお墓を管理している場合は、定期的にお掃除をしていない場合があります。
なのでお墓参りの際には、しっかり丁寧にお墓の掃除を行いましょう。
霊園などで管理されている場合でも、普段の感謝の気持ちを込めて自分たちの手できれいにしてからお参りしましょう。

お墓のお掃除の仕方も、決まりごとがあります。
特にお墓の場合は区画が決められており、管理できていないと周りの人に迷惑をかけてしまいトラブルの原因にもつながってしまいます。
なのでお墓のお掃除はしっかり行わなければいけません。
その際気をつけなければいけない注意事項や、お墓掃除の手順など知識として知っておきましょう。

まずお墓の掃除をする際に、区画内にある草などの雑草をきれいにすることから始めましょう。
しっかりと根っこからとることで、すぐにつぎの草が生えてこないようにしましょう。
遠方でなかなかお墓参りに来られない人は、除草剤などを軽くまくことで、草を生えにくくすることができます。
お墓の砂利なども汚れている場合は、水洗いをしましょう。
また植木があるときには、剪定も丁寧に行いましょう。
敷地内がきれいになったら、墓石の掃除をしましょう。
まずたっぷりを水をかけて掃除しやすいようにしましょう。
汚れが少ない場合は、スポンジに水を含ませて掃除するようにしましょう。
コケなどはたわしなどで、ごしごしと取り除きましょう。
コケなどは残したままにすると、墓石の劣化が進んでしまいますので、取り除いてあげる方がいいでしょう。

墓石は洗う際に専用の洗剤が売られているので、そちらを使用するようにしましょう。
傷をつけないようにするためには、金属製のたわしは使用しないようにしましょう。
コケなどのしつこい汚れはたわしなどでもかまいませんが、そのほかの汚れはスポンジを使用したほうが墓石を傷めずに済みます。
お墓の文字を彫刻している部分は、彫ってある部分の奥の方などに汚れがたまってしまいます。
スポンジやたわしなどでは、とりきれませんので歯ブラシなどを使用するといいでしょう。
傷めることなく細かいところまで、きれいにすることができます。

お花の筒や線香のお皿などステンレス製のものはすすぐだけでなく、中身をとりだしてきれいに洗いましょう。
最後に乾いたタオルなどで、残った水の部分を丁寧に拭きとりましょう。
霊園や寺院などで管理されているお墓では区画が決められています。
その区画内で周りに迷惑がかからないように、定期的にお手入れするようにしましょう。
またお墓を傷つけないように専用の洗剤や掃除道具に気を配るようにしましょう。
また、こちらのペットのお墓事情についても参考にご覧ください。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.