納骨堂という選択肢

大事な身内がなくなったとき、誰もがお葬式を行います。
お葬式は大事な人と最後のお別れをする大事な儀式です。
人間としての姿を拝むことができる最後の限られた時間になります。
最終的には故人が成仏できるように、その家庭の宗派によって供養されます。
そしてほとんどの場合、火葬されて遺骨として残されます。

遺骨は個人の最後の形として残る大事なものになります。
なので保管の仕方がとても大事なります。
ほとんどの場合お墓に納骨することが多くなってきていますが、方法はそれだけではありません。
お墓の老朽化や管理の大変さから、違った方法での納骨をする場合があります。
そのひとつの方法として、納骨堂という方法があります。

特に都市部での需要が多く、今高齢者の赤で検討している人が多いです。
本来であれば、我が家のお墓に入るのが当然の流れなのかもしれません。
しかし、お墓と生活拠点があまりにも離れてしまっていて、子供も今の生活拠点の近くにいる場合、お墓だけがかけ離れた場所になってしまいます。
残された遺族にとっても、会いたいと思った時になかなか会いに行くこともできません。
そして管理も行き届きにくく、心の中で申し訳ないという精神的な負担をかけてしまいます。

そういった思いをさせたくないため、近くで納骨したいと思う人が多いです。
その場合新たにお墓を立てる人もいますが、室内で広々とした緑あふれる空間でいつでも会いにいける納骨堂を選ぶ人もいます。
都心ではお墓を購入するためには、永代使用料も高くお墓にしようする石材も高くなっています。
なのでお墓を建てるためには、数百万円以上の費用がかかります。
立てたくても立てれない場合が多いです。

納骨堂の場合は土地を購入するわけではないので、永代使用料や墓石代がかかりません。
残された身内にとっても管理する必要が少なく、ちかくなのでいつでも会うことができます。
納骨堂は一見外見からは、多くの納骨があるような雰囲気には見えません。
開放感のある建物で、バリアフリーになっていたり、訪れた人がくつろげるスペースもあります。
我が家のお墓なのか納骨堂なのか悩まれる人は、一度どのような施設なのか参考に見てみることをお勧めします。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.