子供たちが気軽にお墓参りにいくために

今生前から自分の終期について考える高齢者がとても増えてきています。
多くの人は、自分が死んだときに残された遺族に面倒をかけたくないといった意見が多いです。
そのほかには、自分の終期を自分らしい形で行ってほしいという希望もある人もいます。
そして特に最近になって多いのが、亡くなった後自分が入るお墓の管理についてです。
今では核家族化が進み、何世代もが一緒になって同居している家庭が少ないです。

近くに住んでいたら、もしものことがあっても心配が少なくて済みます。
しかし転勤や家庭の環境などから遠くに住んでいる場合もあります。
特にお子さんが女の子だけの家庭は、遠くに嫁いでしまうと将来に不安を感じる人も多いようです。
生きているうちは自分の力で生活をしていけばいいので、気にしていないという人もいます。
しかし亡くなってから、自分の遺骨はどうするのか、管理はどうしたらいいのかと悩んでしまう人がいます。
そんな人たちが一番考えることは、子供立ちが気軽に行けるお墓を作るということです。

子供たちが気軽に行けるお墓とは、どんなものでしょうか。
一番は子供たちが住んでいる場所から 近くのところにお墓を建てることです。
やはり遠方にお墓があると、お墓参りに行くのも大変です。
どうしてもお墓から遠のいてしまいがちになります。
お盆やお彼岸などといった時期以外には、お墓参りに行かないという人もも多くなっています。

そうなると管理も大変で、お墓も劣化するのが早くなってしまいます。
身近な場所にあれば、気軽にいくことができるので、これからお墓を作る人は、場所をしっかり選ぶようにしましょう。
もうひとつは、お墓というと昔は怖いイメージがとてもありました。
むかしから代々あるお墓は暗くて、山の中やジメっとしたところに建てられていたる場合があります。
そういった場所では、どうしてもお墓参りに積極的に行きたいという気分になれないという人もいます。
今では霊園自体がとてもきれいなな場所が多く、日当たりも風通しもとてもいい場所が増えています。

お墓の周りに芝生がしかれているところもあり、とてもきれいで明るいイメージです。
とても広い霊園では、霊園内に公園などがある場所もあります。
とても広々とした場所で、ご先祖様のお参りができるので、子供たちもお墓参りに行きやすい雰囲気になっています。
またそういった霊園であれば、少し遠方の場合でも交通機関が整っています。
車で主要都市から数十分で行けるところ、最寄りの駅から無料バスが1日に何本も出ている場合もあります。
お墓参りに必要なものもそろっているため、荷物も軽くて済みます。
これからは亡くなった後のことを考えて、子供たちが気軽に行けるお墓が選ばれています。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.