生前にお墓を買うことのススメ

お墓は先祖代々のご先祖様が眠る大事な場所です。
なので、一生に一度あるか内科の大事なものになります。
特に昔からの田舎の地域では、家を代々継いでいる場合が多くそれと一緒にお墓も代々受け継いでいる場合が多いです。
そういった受け継がれたお墓がある場合は、将来自分のお墓の心配をする必要がありません。
しいて言うなら、そのお墓が耐久性があれば、新しくお墓を用意しなくてはという問題はありません。

最近では核家族化が進んだことで、世帯ごとでお墓を用意する場合が増えてきました。
なので身内が亡くなった場合、お墓はいつ準備したらいいのかと迷う人もいるでしょう。
身内が亡くなった場合は、お通夜やお葬式、初七日などしばらく、あわただしく時間が経過してしまいます。
なのでなかなかゆっくり大事なことを考える時間がありません。
やっと四十九日を迎えたことになると、精神的にもお血付いて大事なことを考える時間が持てます。

またお墓のことは身内だけでなく、親せきなどの意見も大事になります。
なので葬儀か開けて四十九日に再度集まったときにご相談して決めるのがいいでしょう。
そして一周忌までにはできれば用意しておくと、その時に納骨法要も行うことができます。
もし可能であれば、多くの場合四十九日の法要のときに納骨する場合が多いため、それまでに準備できる場合はお墓を買って準備しておきましょう。

突然亡くなった場合など準備が、色々大変なことが多いです。
特に高齢者にとっては、自分がなくなった後に身内に面倒をかけたくないという気持ちがとても強いです。
なので生前にお墓を用意する人がとても増えました。
生前にお墓を用意するなんて縁起が悪いと思う人もいるかもしれません。
生前立てたお墓のことを寿陵と呼びます。
昔から中国では、寿陵墓は長寿祈願、家庭円満、子孫繁栄と意味するとても縁起がいいものとして考えられていました。

日本ではここ数年、寿陵墓が増えてきたように思われています。
しかし昔の仁徳天皇がなくなった時はとても大きな古墳が造られていました。
あれだけの古墳は亡くなってからすぐに作れるものではありません。
なので生前のころから計画的に作られたお墓だったといわれています。

費用的にもお墓にかかる費用はす百万かかるといわれています。
なので金銭的な負担もかけたくないないという配慮もあります。
またお墓も自分らしい個性あるお墓も増えてきました。
なので自分らしいお墓を求めて生前に準備する人の割合がとても増えました。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.