お墓選びのポイント

昔から自分のいのちが授かるまでには、多くのご先祖とのつながりがあってのことです。
そんなご先祖様に感謝の気持ちを込めて、お墓参りはかかさず行わなければいけません。

昔は、毎日お墓参りを行っていました。
しかし今では、日常生活に追われ、毎日お墓参りをすることが難しい状態になっています。
せめてお墓参りを行うお彼岸やお盆、命日にはしっかり日頃の感謝の気持ちを込めてお参りするようにしましょう。
特に今ではお墓参りの回数も減ってしまったことで、管理が行き届いていないケースがあります。

そういった場合は、どうしても墓石の状態が劣化するのが早くなってしまいます。
なので本来お墓は自宅から近いところで、管理がしやすいところを選ぶことがお薦めです。
管理をしやすい状態を作ることも、お墓の賢い選び方の一つです。
またお墓を選ぶということは、お墓の使用する権利を得るということになります。

このことを永代使用料とも言われます。
これは、お墓の土地を所有している人と個人契約という形になります。
寺院などの場合は、檀家となることが一般的な契約とされています。
民間の場合は、永代使用料が割高になり、管理費をとる場合が多いです。
管理費は、お墓参りなどで使用する共通のものや水汲み場などの管理、区画がいの掃除などの手入れなどに使用されます。

なので永代使用料が高いお墓ほど管理も大変なため、管理費も高くなってしまいます。
費用的に抑えるのであれば、民間のお墓ではなく公営墓地を選ぶ方がいいでしょう。
各都道府県や自治体などが墓地を所有しています。
管理などは財団法人などが代行して行っている場合が多いです。
自分の住んでいる自治体なので身近に感じられ、費用も円第使用料や管理費が抑えられています。

宗教なども問われませんので安心して、購入することができます。
しかし申し込みに規定があり、現住所、遺骨が手元にあるなどの条件が定められています。
なので簡単に申し込みをしたからといって、墓地の使用権を得られるというわけではありません。
管理費などがかかる墓地では契約とともに、提携している石材店で購入することが定められているところが多いです。

管理しやすいようにするためや、修理が必要になった際に手早く行うためです。
なので理想のお墓がある人は、そのお墓がかなえられるようなところを選ぶことが大事です。
生前から墓地を購入できるのは、民営墓地の場合が多いです。
代々残していくときに負担にならにような場所や料金などを選びましょう。

Copyright (C) 先祖に対する感謝の気持ち All Rights Reserved.